2017/4/13

中1、高1で学習初期指導

 入学式後の各オリエンテーション、身体測定などの諸検査も終わり、いよいよ中学1年生、高校1年生の授業が始まりました。最初の授業は、各教科とも学習初期指導をします。本校には全国から生徒が集まってきており、今年度の中学1年生69人の出身校は52校、高校1年生159人の出身校は77校に上ります。そのバラバラの形態を麗澤瑞浪のスタイルに統一するため、授業の説明はもとより、ノートの取り方、予習の仕方を説明するのが学習初期指導です。
 中学1年生には、サポートの先生がついて説明が行われました。高校1年生には2時間続きの授業を準備し、最初の1時間は先生からのガイダンスを、次の1時間は自学とし、予習の練習をしました。予習→授業→復習のリズムをしっかり作ることが学力アップの鍵となります。早くこのスタイルに慣れて、力をどんどん伸ばしてほしいと思います。
 夜は寮でも自学のガイダンスが行われました。

ホームへ先頭へ前へ戻る