2017/3/11

東日本大震災から6年(3/11)

掲揚塔には弔旗
掲揚塔には弔旗
東北地方に思いを寄せて黙祷
東北地方に思いを寄せて黙祷

 3月11日、東日本大震災が起こって丸6年が経ちました。地震の起こった14時46分には、教職員や進学講座、部活動のために学校に来ている生徒、寮生が黙祷を捧げました。
 全国から生徒が集まっている本校には現在、東北地方の青森、宮城、福島県から6人の出身者がいます。その子たちは実際に震災を目の当たりにしている子たちですが、元気に本校で寮生活を送っています。そんな仲間たちの家族も含め、東北地方に少しでも思いを寄せて、1日も早い復興を心よりお祈りしました。

ホームへ先頭へ前へ戻る